麻生姉の遠州からこんばんは

遠州地方在住の旅行ライター麻生のつれづれ旅日記

あなたは直親?それとも政次?

こんにちは。

昨日、思いがけず大河ドラマ館に入ることができた麻生です。

 

大河ドラマ館は「政次メモリアル展示」が11/9で終わり、10日から新しい展示内容に替えたばかりで。

今までにも展示内容替えが何度かあったけど、今回の展示替えが最後。

時間があまりなかったので、変わったばかりのドラマ館内をゆっくりと見学できなかったけど、それでもいいの。また来るから。 

 

 

増えたモノ、減ったモノ

 

さて、ドラマ館。

いくつかの変更点を簡単に書いてみましょう。

・入口、掛け軸前の衣装

・龍雲丸の衣装(寺田心ちゃんが1日館長した際のタスキと交代)

・龍雲丸の水入れ

・館内のビデオ映像(政次メモリアル映像含む)

・万千代の衣装

…とあと何点か。それは訪問した方のお楽しみ、ということで。

 

「政次メモリアルコーナー」は万千代コーナーになりました。

 

館内唯一の撮影可能スポット、御初様の井戸周辺に設置されているパネルも変更。

そう、ここに万千代が新規登場。

f:id:asou-ane0843:20171112133654j:plain

 

凛々しいです。

その左右には直虎と龍雲丸のパネルが。

 

ん? ということは、誰か外に出た人が…。

まさかあのコンビ!?

 

両手にイケメン♪

 

以前、当ブログで、「展示替えで龍雲丸のパネルがどうなるか」について少し触れたけど、彼のパネルは館内へ。

それと入れ替わるようにロビーへ押し出されたのが「鶴亀コンビ」のパネルでした。

f:id:asou-ane0843:20171112134317j:plain

 

この真ん中に立って、記念撮影ができるなんて♡

右を向けばスケコマシ直親、そして左には政次が。

館内にあった時は、少し高い所に設置&照明の関係でキレイに写らなかった方も多いかと。

でもここならそんな危惧はたぶんありません。

ロビーにいる人たちの状況や自分の時間次第で撮影し放題☆

私も早速しちゃいました。

あ、龍雲丸のパネルとはしなかったっけ…(๑•﹏•๑`)  若干、後悔。

 

地域遺産センター内の大型パネルにあの方が

 

そうそう。

その「政次メモリアル展示」最終日に、高橋一生さんがドラマ館を訪れたとのこと。

なんでも当初はドラマ館には来ない予定だったけど、急遽訪問したと(情報提供:スタッフのお兄さん)。

しかも彼は展示最終日だということを知らなかった様子で。

売れてる人は持ってるな、と実感。

 

高橋さんの細かい足取りは分からないけれど、Twitterに地域遺産センターで撮影した写真が投稿されていたので、ここは確実。

撮影場所は、この大パネル前。

f:id:asou-ane0843:20171112135739j:plain

 

 ここに立てば高橋さんと同じ風景が見られるかも!?

 

地域遺産センターは政次の供養塔ともそんなに離れていないので、供養塔へもお参りにいったのかもしれませんね。

 

車だと駐車場所がないので、できれば徒歩推奨。

車はこの地域遺産センターの駐車場が使えるので、ここに止めて歩いても良し、「りんたく」がいれば「りんたく」で回っても良し。

あ。昨日、一瞬「りんたく」を見たけど挨拶できませんでした。残念。

 

放映期間が残り少なくなってきた大河ドラマ『おんな城主直虎』。

 

浜松市は首都圏や中京圏からは日帰り可能。

気賀や井伊谷へぜひ来てくださいね♪